北海道現代アニメーション総進撃!2018

上映時間とスクリーン情報

11月4日 12:50~ シアター3

北海道在住または出身監督による最新アニメーションの特集プログラム。
2014年から毎年開催している本プログラムも、今年は記念すべき5回目を迎えます。花の電話で交信しようとする想いを繊細に描いた『ジョウロの交信』、儚い記憶のような生と死を表現する『had lived』、フィルムの断片が縦横無尽に侵食する『debris』、そして50分に及ぶ「日本」と「死」についての物語を描いた個人制作の野心作『神話少年ミカド』!
若手作品からプロフェッショナルまで、2018年最も注目する北海道アニメーションの祭典をお楽しみください。上映終了後、出品作家をお招きしてのQ&Aを行います。

ジョウロの交信

監督: 塩田茉莉衣

2018年 / 日本 / 0:05:00

遠くの街へ引っ越す白いジョウロさんが、それを寂しがる友達の黒いジョウロさんの為に用意したのは、離れていてもお話ができる「花の糸電話」でした。友との疎遠や連絡を取り合う大切さをテーマとした作品。

had lived

監督: さとうゆか

2018年 / 日本 / 0:04:15

これはひとつの死についての作品だ。祖母が亡くなってから見たもの、記憶に残ったもの、残っていないもの、考えたことを描いた。時が経つと記憶も思いも生も死もすべてまざっていく。

debris

監督: 大島慶太郎

2018年 / 日本 / 0:11:00

映写事故で本編から切り離されたフィルムクズ。千切れたコマは映写できない。しかし、私は、集積したフィルム片から像と共に物理的なダメージを抽出し新たな映画へと再構築した。この作品は、映画や写真の欠片がゴミ(…)

神話少年ミカド

監督: 伊藤早耶

2018年 / 日本 / 0:49:51

予告編

文明崩壊後の世界で、平和と秩序を保つ希少な地域『中つ国』は、『祭祀王ミカド』によって統治されていた。「日本」と「死」についての物語。