MENU

2022年11月3日(木)~6日(日) 新千歳空港ターミナルビルにて開催

第9回 新千歳空港国際アニメーション映画祭 2022.11.3 – 11.6  会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

NEWS



映画祭のコンペティション長編部門では、25の国と地域から応募された42作品(昨年比:3作品増/国・地域2増)の中から、最先端のアニメーション長編5作品が入選しました。本入選作品は映画祭会期中に新千歳空港シアターで上映され、国際審査員による審査を経て、長編グランプリ(賞金30万円)をはじめとした各アワードを選出します。

世界的に脚光を浴びる2作品が日本初公開!
 ラトビア出身で、現在はニューヨークを拠点に活動するシグネ・バウマネ監督の『マイ・ラブ・アフェア・ウィズ・マリッジ』は、恋愛や結婚生活について女性の視点から描いた半自伝的なミュージカル映画です。世界最大のアニメーション映画祭「アヌシー国際アニメーション映画祭」にて長編部門審査員特別賞を受賞するなど、世界的にも高く評価されている本作ですが、本映画祭にてジャパンプレミアとなります。同じくジャパンプレミアとなる『バーバー・ウェストチェスター』は、主人公である若き天文学者が夢と現実のギャップに苦悩する姿をコミカルに描いた作品です。本作は、カルフォルニア芸術大学でアニメーションを学んだジョニ・フィリップス監督の長編デビュー作となります。本国アメリカでは、制作費をクラウドファンディングによって全額調達したことでも話題を呼びました。北米最大のアニメーション映画祭「オタワ国際アニメーション映画祭」にノミネートされるなど、世界的に脚光を浴びている作品です。

WIT STUDIOがおくる、マンガ『とつくにの少女』の長編アニメーションを国内劇場初公開!
 日本作品からは、ながべによる同名マンガを、『王様ランキング』や『SPY×FAMILY』など、数々の話題作を世に送り出してきたアニメ制作会社WIT STUDIOが映像化した『とつくにの少女』を国内劇場初公開。本作は、監督を務める久保雄太郎・米谷聡美をはじめ、個人アニメーション作家を中心とした挑戦的な制作体制も話題になりました。映画祭会期中は両監督によるメイキングトークも実施します。
 その他、2018年に前作『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』が全国劇場公開されたことでも記憶に新しいフェリックス・デュフール゠ラペリエール監督最新作『群島』、国際的に高く評価されているレイ・レイ監督の長編デビュー作『銀色の鳥と虹色の魚』がラインアップしています。

入選作品の情報はこちらをご覧ください ☞ https://airport-anifes.jp/competition/feature_compe/
映画祭では、短編アニメーション7作品からキッズ賞1作品を決めていただく「こども審査員」を大募集します!今年は審査会議はオンラインで、キッズ賞は新千歳空港シアターの大きなスクリーンの前で発表しましょう!
世界の楽しいアニメを見て、みなさんとお話できることを楽しみにしています。たくさんのご応募お待ちしています。締切は10月10日(月)まで!(ご応募数が募集人数よりも多い場合、抽選となります。結果通知: 2022年10月12日)

参加資格は、北海道にお住まいの小学4~6年生で、2022年10月29日(土)にオンライン審査会に参加できること、かつ、2022年11月6日(日)に新千歳空港シアターに来場できること(日中時間帯の予定です)。
そして、ご自宅にインターネットに接続できるパソコン、スマートフォン、タブレットなどをお持ちで、Vimeo(※1)の再生やZoomができることなどです。

特典は、映画祭公式グッズのほか、映画祭期間中のお好きな日にお使いいただける回数券、そして新千歳空港シアターでの映画観賞券をプレゼントします。

詳しくはこちらの「こども審査員」募集ページをご覧ください。今年は新千歳空港で会いましょう!

こども審査員大募集!(エントリーフォームからご応募ください) ☞ https://airport-anifes.jp/competition/kids/
新千歳空港国際アニメーション映画祭では、豊かなアニメーション文化の育成を図るべく、日本で活動するアニメーション作家がオリジナル作品の制作資金を募るプレゼンテーション機会を創出する「NEW CHITOSE AIRPORT PITCH 2022」を開催します。

今年で2回目の開催となる本プログラムでは、映画祭期間中にプレゼンテーションを行う総勢8つのプロジェクトが決定しました。全編アニメーションによるMV『シンセリアリティ』、『春の日』が話題のDADA GAUGUIN(初参加)や、国際映画祭で出品歴が多い人気アニメーション作家の幸洋子(歴代出品作家)、そして宇宙人VTuber「ぽぷろい」のYouTube配信プロジェクトまで、意欲作が揃いました。本プログラムは、空港現地での一般観覧(入場無料)のほか、映画祭公式YouTubeチャンネルで無料配信を行います。新しい表現を探す映画プロデューサーの皆様にはぜひご注目いただきたく、また、作家や観客にとっても、構想中または制作中の作品についてのプレゼンテーションを聞くことができる数少ない機会ですので、ご期待ください!

NEW CHITOSE AIRPORT PITCH 2022 登壇プロジェクト ☞ https://airport-anifes.jp/pitch/project/

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル9階 株式会社えんれいしゃ内
電話
011-206-1280
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info@airport-anifes.jp

page_top