MENU

2021年11月5日(金)~11月8日(月) 新千歳空港ターミナルビルにて開催

第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭 2021.11.5 – 11.8  会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

LIVE STREAM[有料配信] 11月6日 15:50〜

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
におけるデジタル表現のニューフェイズ

今年ついに公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、その集大成的なストーリーのみならず、アニメ制作の方法論における革新という面でも大きな注目を集めました。本プログラムではスタジオカラーデジタル部のアーティストをお招きし、2D・3Dを用いたグラフィック表現のモーションデザイン(小林浩康氏)、プリヴィズを活用した3Dアニメーション制作(松井祐亮氏)、実写・作画・デジタルなど多様な素材をまとめる特技の仕事(山田豊徳氏)と、そのデジタル表現上の追求を多方面からご紹介いただきます。(司会:高瀬康司)

公式サイト
https://www.evangelion.co.jp/

ゲストの皆さんへのご質問を受け付けております!この機会に是非お寄せください。
募集期限: 2021年11月2日(火)12:00まで
※いただいたご質問とお名前は、配信プログラム内で紹介をさせていただく場合がございます。

ご質問はこちらから

ゲストプロフィール

小林浩康(スタジオカラーデジタル部部長/CGIアートディレクター)

新潟県出身。武蔵野美術大学大学院修了後、マットペインターとして映像業界に入ったのち、CGアーティストを経てスタジオカラーに参加。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』よりCGI監督・デザインワークスを努め、現在はデジタル部部長としてCGパートを総括している。ほか『日本アニメ(ーター)見本市』第35話『カセットガール』、株式会社カラー10周年記念アニメ『おおきなカブ(株)』など参加作多数。


松井祐亮(スタジオカラーデジタル部/CGIアニメーションディレクター)

1981年生まれ、北海道出身。美容師から一転、上京しサンライズで『FREEDOM』等に参加したのち、スタジオカラーに移籍。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』ではリードアニメーター。『シン・エヴァンゲリオン劇場版』ではCGIアニメーションディレクターを担当。ほか『カセットガール』『神速のRouge』『機動警察パトレイバーREBOOT』など参加作多数。


山田豊徳(スタジオカラーデジタル部/特技監督)

愛知県出身。サンライズ、竜の子プロダクション、ガイナックス、サンジゲンを経てスタジオカラーデジタル部に所属。『天元突破グレンラガン』『LUPIN the Third ~峰不二子という女~』『キルラキル』『龍の歯医者』などで撮影監督を務める。また、映画『シン・ゴジラ』ではスペシャルコンポジター、短編TVシリーズ『うーさーのその日暮らし』では監督、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』では特技監督を務めた。

© カラー

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル9階 株式会社えんれいしゃ内
電話
011-206-1280
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info@airport-anifes.jp