MENU

2021年11月5日(金)~11月8日(月) 新千歳空港ターミナルビルにて開催

第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭 2021.11.5 – 11.8  会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

LIVE STREAM[有料配信] 11月7日 15:35〜

依田伸隆×Waboku
「アニメーションMVの新展開」

近年大きな盛り上がりを見せているアニメーションMVシーンで、最注目の作家2人の対談が実現。数々の予告編・OP/EDを手がけ、2021年にはLOTTE『ガーナ Gift篇』(Eve × suis from ヨルシカ『平行線』MV)が国境を超え注目を集めた依田伸隆氏と、A-1 Picturesとタッグを組んだアニメーションMVプロジェクト「BATEN KAITOS」で独創的な世界観を生み出したWaboku氏。二人の作家はMVという形式にどう向き合い、どのようなアプローチを試みているのか。その秘密を紐解きます。(司会:高瀬康司)

ゲストの皆さんへのご質問を受け付けております!この機会に是非お寄せください。
募集期限: 2021年11月2日(火)12:00まで
※いただいたご質問とお名前は、配信プログラム内で紹介をさせていただく場合がございます。

ご質問はこちらから

ゲストプロフィール

依田伸隆(映像ディレクター)

映像制作会社10GAUGE代表。主な仕事にEve『心予報』MV(2021年度「アニものづくりアワード」総合グランプリ受賞)、Eve『僕らまだアンダーグラウンド』MV(SSTV MUSIC AWARD 2020「BEST ANIMATION VIDEO」受賞)、大滝詠一『君は天然色』MV(40th anniv.)、銀杏BOYZ『少年少女』MV、『君の名は。』予告編、『ドラえもん』OPなど。2018年度東京アニメアワード・フェスティバル美術・色彩・映像賞受賞。

公式サイト
http://10gauge.org/


Waboku(アニメーション作家)

アニメーション制作やイラストレーションで活躍する新進気鋭のアニメーション作家。彼からしか生まれない独特な世界観と、見るものを釘付けにする演出力で注目される。圧倒的な再生数を記録するMVを多く手掛け、代表作はEve『お気に召すまま』『トーキョーゲットー』、ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』『ハゼ馳せる果てるまで』(第24回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門ソーシャルインパクト賞受賞)。テレビドラマOPや企業広告ムービーの制作にも携わり、多方面での活躍を見せている。

公式サイト
https://batenkaitos.com/

© LOTTE
© BATEN KAITOS Project

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル9階 株式会社えんれいしゃ内
電話
011-206-1280
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info@airport-anifes.jp