MENU

2022年11月3日(木)~6日(日) 新千歳空港ターミナルビルにて開催

第9回 新千歳空港国際アニメーション映画祭 2022.11.3 – 11.6  会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

NEW CHITOSE AIRPORT PITCH 2022 参加プロジェクト

総勢8つのピッチ
参加プロジェクト発表!

 新千歳空港国際アニメーション映画祭では、これから制作する(もしくは現在制作中の)プロジェクトについてプレゼンテーション機会を創出する「NEW CHITOSE AIRPORT PITCH 2022」を開催します。このたび、日本国内で活動する作家たちによる、総勢8つの「これから」の意欲的なプロジェクトが揃いました。
本企画は無料ライブ配信に加え、一か月間のアーカイブ配信も行います。新しい表現を探すプロデューサーの皆様にはぜひご注目いただきたく、また、作家や観客にとっても、構想中または制作中の作品についてのプレゼンテーションを聞くことができる数少ない機会ですので、ご期待ください!

ぽぷろい放送局

登壇者 :ぽぷろい

ポップコーンの惑星で生まれた宇宙人「ぽぷろい」が、自らの経験を映像化するドキュメンタリープロジェクト。ぽぷろい放送局をYouTubeにて開設し、配信を予定している。

暗がりナイトメア

登壇者 :nin(DADA GAUGUIN)

国内外のアニメコンペに数多くノミネートしたアニメーションMV、『春の日』。その作者、いまいゆかと音楽担当のDADA GAUGUINが再びタッグを組み制作をします。今作はアニメMVだけでなく、短編アニメーションとしてもリリース。終わりゆく雰囲気が静かに漂う寂しい”現実(短編)”、無秩序でワクワクする”夢(MV)”。異なるタッチで描かれる短編と夢(MV)の2パート構成が互いに作用しあいます。

かけらの公園(仮)

登壇者 :Oh Hey Do

創作集団「Oh Hey Do」 が制作する2Dアニメーションのシリーズ作品。全5話を予定し一話尺10 分程度。田舎星という架空の星に住む想像力豊かでガラクタ大好きな高校一年生の主人公二人が、現代と似た社会構造を持つ銀河において、画一的な理想像や価値観に翻弄される登場人物たちと出会う。そして、彼らとの交流を通し自らの社会における在り方を模索する、一夏のSFコメディアニメーション作品。

猫と家にまつわる二つの話(仮)

登壇者 :幸 洋子

人はなぜ、家で猫と暮らすのか。
「猫」と共に「家」に住む期待と不安を、子供と大人の二つの視点から探り、見つめなおすための短編アニメーション。

Laila (仮タイトル)

登壇者 :深谷 莉沙

ハナの唯一の親友、ライラはもうすぐ植物になってしまう。日に日に別人のようになっていく彼女をハナは受け入れようとするが…。二人の少女の変化していく関係性を、ファンタジーを混ぜて描いていく短編アニメーション。

小大(仮)

登壇者 :羅 絲佳<ラ・シカ>

長さ6~9分の短編アニメーション。2018年、中国の家族からのメッセージで、故郷の商店街が「全部赤になった」という話から始まった。昨年、レジデンスで滞在制作したインスタレーションで生まれたキャラクター“大”をモチーフとして、新たな作品を制作する。これは人の物語ではない。人間以外のものが語ってくる。

永久点(仮)

登壇者 :川畑 那奈

巨大な何かに囚われてしまった人間社会を描く風景アニメーション。鑑賞者は目前で繰り広げられる人間の営みをただただ眺め続ける。その中で、日常生活で失われた、人間社会に対する客観的な視点の回復が起こる。また、ボールペンによる細密な手描きアニメーションを駆使し、ミクロからマクロへ徐々に視点を移していく。スケールの逆転や見え方の変容が起こり、鑑賞者が受け取るメッセージが多様になっていく。最終的な発表形態は劇場上映とギャラリー展示を想定している。

フゥと佐助の東方犬聞録

登壇者 :谷口 広樹

国境を越えた友情物語。
ファミリー層をターゲットとしています。
11分×26話の配信用アニメ(現在、全話のプロットと1話分の絵コンテが完成)
制作は日本、フランス、マレーシア、フィリピンで行う予定。
上海に住むチャウチャウのフゥは飼い主である朱爺さんの仕事を手伝いながら、 幸せな日々を送っていたが、中国を支配しようとする魔物である年獣によって 横浜に送られてしまう…………。

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル9階 株式会社えんれいしゃ内
電話
011-206-1280
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info@airport-anifes.jp

page_top