MENU

2021年11月5日(金)~11月8日(月) 新千歳空港ターミナルビルにて開催

第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭 2021.11.5 – 11.8  会場:新千歳空港ターミナルビルにて開催

NEWS

第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭メインビジュアルと公式トレーラーを担当くださったのは、アニメーション作家・イラストレーターの、ゆはらかずきさんです!手描きで全天球型のアニメーション作品を制作するゆはらさんは、これまで『MOWB』、『トクマルシューゴ “Canaria”』で本映画祭にノミネート。温かでポップ、そしてエモーショナルな手描きVRアニメーションで、新たな表現の可能性を提示し続ける若手作家です。今年度のトレーラーはそのゆはらさんによる、映画祭初の360度アニメーション。メインビジュアルはそのワンシーンから制作していただきました。
公式トレーラーはブラウザでも視聴可能ですが、ぜひヘッドセットかスマートフォンでご覧ください。いろんなキャラクターと一緒に飛行機に乗って、映画祭へ没入GO!(※YouTubeではぜひ高画質の1080p設定にしてご覧ください。)
本トレーラー映像は、本日より映画祭公式サイトをはじめとしてWeb上で展開するほか、9月上旬新千歳空港館内デジタルサイネージでも展開します。

メインビジュアル ☞ https://airport-anifes.jp/about/poster/
公式トレーラー ☞ https://airport-anifes.jp/about/trailer/
第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭の、コンペティション短編部門ノミネート作品を発表しました。

今年度は93の国と地域から、過去最多となる2,204作品のご応募をいただき、そのうち88作品がノミネートされました。本ノミネート作品は映画祭会期中に新千歳空港シアターで上映され、国際審査員による審査を経て、賞金100万円となる短編グランプリをはじめとした各アワードを選出します。
世界のアニメーションの諸相、そして「いま」が分かるラインナップを、みなさまと共有できることを嬉しく思います。
 
短編部門セレクション: https://airport-anifes.jp/competition/nominate/

■ 一次選考委員
大島慶太郎 北海道情報大学 准教授
倉重 哲二 北海道教育大学 准教授
土居 伸彰 ㈱ニューディアー代表取締役(映画祭アーティスティックディレクター)
小野 朋子 映画祭チーフディレクター
 
■ プレビューメンバー
さとう ゆか アニメーション作家、秋田公立美術大学助手
田中 大裕  映画/アニメーション研究者、tampen.jp編集長
塚本 菜摘  アニメーション作家
中川 仁史  アニメーションディレクター
野村 崇明  批評家、『クライテリア』副編集長
 新千歳空港国際アニメーション映画祭では、映画祭初の試みとして、これから制作する(もしくは現在制作中の)プロジェクトについてプレゼンテーション機会を創出する「New Chitose Airport Pitch 2021」を開催します。このたび、この企画に、総勢9つのプロジェクトが参加することが決定しました。過去の映画祭にゆかりのある作家たちによる、「これから」の意欲作が揃いました。構想中または制作中の作品についてのプレゼンテーションを聞くことができる、数少ない機会ですので、ご期待ください。また、本企画はオンライン配信も行いますので、レベル高く新しい表現にご興味があるプロデューサーのみなさまには、ぜひご注目いただきたく存じます。

「New Chitose Airport Pitch 2021」参加プロジェクト ☞ https://airport-anifes.jp/pitch/result_pitch/

■プロジェクトタイトルと登壇者(敬称略)
『エレギャル』:幸 洋子
『タイムカプセル』:佐竹 真紀
『日常の一コマと『北斎漫画』』:川村 健一
『初恋と売られてしまった虹色のフェリーの話(仮)』:矢野 ほなみ
『CHERRY AND VIRGIN』:川尻 将由
『ホロフェルネスの首を取れ』:袴田 くるみ
『耳なし芳一』:土屋 萌児
『彼女とダイアモンドたち』:村田 香織
『リターン』:宮嶋 龍太郎

新千歳空港国際アニメーション映画祭では、これまで培ってきたネットワークを活かし、豊かなアニメーション文化の育成を図るべく、これから制作するアニメーション作品のプレゼンテーションをしていただく公式プログラム「New Chitose Airport Pitch 2021」を開催します。
https://airport-anifes.jp/nciaf2021_ssl/pitch/


このたび、海外より2名の素晴らしいプロデューサーをコメンテーターに迎えました。 フランスのMIYUプロダクションズより、エマニュエル=アラン・レナールさん。ドイツのスタジオ Fabian & Fredより、ファビアン・ドリーホーストさんです。熱意あるメッセージもいただいています。



New Chitose Airport Pitch 2021 は、、「2020年までの本映画祭において、監督またはプロデュースにクレジットされた作品が、いずれかのコンペティションまたはショーケース部門で上映されたことがある」方を募集対象とし、7月31日まで受付をしています。 映画祭にゆかりのある制作会社のプロデューサーをコメンテーターに迎え、気に入ったプロジェクトについて、コメント等をしていただくほか、本プログラムはオンライン配信を行います。新規プロジェクトの第一歩となる場として、ぜひバックアップさせていただきたく思っています。


現在進行中のプロジェクトで、まだまだ資金を調達する機会を得たい方、海外展開のきっかけをつかみたい方。また、もちろん、このピッチをきっかけに、企画書を書き始める段階にある方も歓迎します。「Pitch」とは、そもそも売り込みのためのプレゼンテーションのことですが、日本ではまだまだ馴染みのない文化であると言えます。プレゼンにはどういったものを準備したら良いの?という質問から、どういった内容でも構いませんので、どうぞお問い合わせください!


お問い合わせはこちら(担当:小野): pitch@airport-anifes.jp


 新千歳空港国際アニメーション映画祭では、アニメーション作家が世界で活躍する機会を後押しし、豊かなアニメーション文化の育成を図るべく、これから制作するアニメーション作品についてのプレゼンテーション・プログラム「New Chitose Airport Pitch 2021」を開催します。このプログラムでは、映画プロデューサー等からのアドバイス等が得られるほか、本映画祭事務局より最大1プロジェクトに、製作支援金付きのアワードを提供します。

-良質な映画作品を生み出す仕組みづくりへ-

 「Pitch(ピッチ)」とは作家やプロデューサーが、アイデア段階または制作途中のコンテンツに対してプロデューサーや出資者などを見つけるために行う、売り込みのためのプレゼンテーションのことです。世界的には製作活動の一環として日常的に行われているものの、日本では(とりわけ個人ベースで活動する作家にとって)まだあまり馴染みのない文化であるといえます。

 本映画祭では、製作活動の活性化と作家やプロデューサーたちがチャンスを掴むきっかけづくりの仕組みとして「New Chitose Airport Pitch 2021」を開催。「第8回新千歳空港国際アニメーション映画祭」会期中の公式プログラムとして実施します。今年度は、これまで本映画祭のコンペティションおよびショーケース部門に選出されたことがある監督またはプロデューサーを応募対象とします。
 応募プロジェクトは本映画祭事務局にて第一次選考を行い、通過したプロジェクトは映画祭期間中にプレゼンテーションを行います。なお、プレゼンテーションについては、オンラインにて公開配信します。
 ピッチ審査には、本映画祭の審査員等でもお招きしたプロデューサー等をコメンテーターとして迎え、日本のアニメーション作家が国際的なネットワークとつながり、世界に向けてアピールできる場を提供します。

 2014年より毎年、エンターテイメント空港として名を馳せる新千歳空港内を舞台に、世界の最新アニメーションを紹介してきた本映画祭では、「New Chitose Airport Pitch 2021」の開催を機に、これまで培ってきたネットワークを活かし、アニメーション作家たちの新規プロジェクトの第一歩となる場を創出することで、良質なコンテンツが世界に発信していくプロセスをバックアップしていきます。  詳しくは、以下のページをご覧ください。

NEW CHITOSE AIRPORT PITCH 2021
https://airport-anifes.jp/nciaf2021_ssl/pitch

「第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」の作品募集を開始しました。

本年は、昨年に引き続き、短編(学生作品含む)・長編両部門で2021年4月19日(月)から募集開始します。短編部門では、通常の短編アニメーション映画のほか、GIF、VR、モーションコミック、ギャラリー等での上映展示等を想定したインスタレーション作品も応募対象となっています。各部門の応募締め切りは短編部門(学生作品含む)は2021年6月30日(水)まで、長編部門は2021年7月31日(土)までとなります。

昨年は、短編部門は2,174作品(91の国・地域)、長編部門は49作品(21の国・地域)の応募があり、今や国内トップレベルへ成長。短編部門グランプリにイギリスのStephen Irwin監督『Wood Child & Hidden Forest Mother』、日本グランプリに ふるかわはらももか監督『かたのあと』、長編部門グランプリにラトビアのIlze Burkovska Jacobsen監督『My Favorite War』が輝いています。

詳しくは以下のページをご覧ください。皆様からのご応募を心よりお待ちしております!

コンペティション部門 アニメーション作品募集 https://airport-anifes.jp/nciaf2021_ssl/competition/


「第8回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」の開催が決定しました!

第8回目の開催となる今年は、昨年に引き続き新千歳空港ターミナルビル会場(空港会場)での実地開催のほか、オンライン配信を行うハイブリッド開催を行い、アニメーションの「今」に触れるエキサイティングな体験をお届けします。空港会場の開催期間は2021年11月5日(金)~2021年11月8日(月)の4日間。オンライン配信期間は後日発表します。

映画祭のメインイベントであるコンペティション部門では、長編部門、短編部門(学生作品を含む)の2部門で、2021年4月19日(月)より募集開始。昨年は、短編部門は2,174作品(91の国・地域)、長編部門は49作品(21の国・地域)の応募があり、今や国内トップレベルへ成長しました。
昨年は、短編部門グランプリにイギリスのStephen Irwin監督『Wood Child & Hidden Forest Mother』、日本グランプリに ふるかわはらももか監督『かたのあと』、長編部門グランプリにラトビアのIlze Burkovska Jacobsen監督『My Favorite War』が輝いています。

本年は、昨年に引き続き、短編(学生作品含む)・長編両部門で2021年4月19日(月)から募集開始します。短編部門では、通常の短編アニメーション映画のほか、GIF、VR、モーションコミック、ギャラリー等での上映展示等を想定したインスタレーション作品も応募対象となっています。

詳しい応募条件およびエントリー方法は映画祭公式サイトで順次公開します。今年も新千歳空港で会いましょう!

新千歳空港国際アニメーション映画祭

事務局
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西2丁目1番地
札幌時計台ビル9階 株式会社えんれいしゃ内
電話
011-206-1280
(受付時間:平日10:00〜18:00、土日祝休み)
Mail
info@airport-anifes.jp